So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

Mac用のテキストエディタの話し。mi が良さそう [パソコン]

 仕事でテキストエディタを頻繁に使います。これまでずっと「iText」か、それ以前はiTextの兄貴分である有料版の「LightwayText」を使っていました。LightwayTextの開発が止まったので無料のiTExtを使っているのですが、2015年に開発がストップしたまま…。

2019101901.jpg
開発の止まったiText…


 今現在の自分のMacのOSはmojaveなのですが、それ以前からもときどき表示が崩れたり、アプリが落ちたりして、仕事をする上では少々不安を抱えていました。そこで代替となるテキストエディタを探してはいたのですが、iTextのように使えるエディタが見つかりません。いくつかダウンロードして試してはみるものの、初期設定ではどうも使い勝手が悪い。
 しかし、ここ最近iTextの調子がとても悪く、必要に迫られて代替となるエディタを真面目に検討したところ、「mi テキストエディタ」が自分にフィットしそうな感じで、しばらく試験運用しています。

2019101902.jpg
miテキストエディタ

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 

iPad mini 5専用のカバー [パソコン]

 先日購入したiPad mini 5の傷防止にケースを探していました。街の量販店に置いてあるのはよさげだけど4〜5000千円と価格が高い。手ごろな価格でよさげなものはやはり通販になりますね。

 アマゾンを探すとかなりの種類のカバーが出てきます。
 今回探しているのは、本体側と液晶側の両方をカバーできるもので、Apple Pencilのホルダーなし、という条件。いくつか候補が出てきましたが、今回はESRというメーカーのソフトタイプのカバー(ブラック)にしてみました。


2018081202.jpg
こんな感じのカバーです。

 以前、iPad mini 2にはアップル純正のカバーを付けていましたが、ときどき取り外したいことがあっても、一度装着すると外すことができませんでした。それでも無理に外したらケースの縁に入っている芯(ワイヤーみたいもの?)が折れ、その部分にヒビが入って、ケースはスカスカ状態に。
 その経験があるので、安くてもそこそこ使えればいいや、という気持ちになったのです。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

iPad mini 2 から iPad mini 5 へ [パソコン]

 今使っているタブレットはiPad mini 2(Wi-Fi、64GB)なのですが、昨年あたりからアプリの起動や動作が遅く感じるようになってきました。大きなiPadは欲しくないのでminiの後継を待っていたらなんと今年の3月に登場。その頃は予約なしで買うことができず、しばらく遅いiPadでガマンしていましたが、そろそろ機種変更をしてもいい頃かと。量販店の在庫などを見るとどこも潤沢にありそうなので、新宿のヨドバシカメラでiPad mini 5(Wi-Fi、64GB)を購入。色は前と同じスペースグレイにしました。

 家に帰ってさっそくセットアップ。iPad mini 2のバックアップはあるものの、今回はクリーンインストール(タブレットもそう言うのだろうか)で。

 使ってみての感想は「スゴく快適」です。
 アプリの動作は速いし、初めての指紋認証ですが、ロックを解除するのにわざわざパスコードを入れる必要がなく煩わしさを感じません。
 毎回何度も思うのですが、やっぱりデジタルツールは新しいものがいいですね。

 iPad mini2とiPad mini 5の比較写真を撮ったので参考に。
 細かな仕様の違いなどはググってください(笑)。


2019080401.jpg
左がiPad mini 2(Wi-Fi、64GB)、右がiPad mini 5(Wi-Fi、64GB)。
ディスプレイの色域が変わった(タグなし=sRGB(?)からDisplay P3)せいか、mini 5のディスプレイはウォームトーンですね。


続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 

バッテリーをリフレッシュ [パソコン]

 カメラのバッテッリー、フル充電しても97%にしかなりません。
 まだ劣化していないバッテリーのはずなのですが、メモリ効果でしょうか。
 そこでバッテリーを使い切るべく、カメラをベランダに置いて連続撮影。
 運が良ければ流れ星も写るかも…。

2017121401.jpg

 というわけで、運良く写りました。1枚だけ(画像処理しています)。
 2000枚近く撮って、後半は雲が広がってダメでしたが、前半の1000枚の中に写っていました。

 バッテリーのほうも充電して確認したらちゃんと100%になりました。
 リチウムイオンバってリーはメモリ効果がないと言われますが、ときどきはリフレッシュが必要なのかもしれません(参考)。


nice!(9)  コメント(0) 

MacBook Pro(mid 2012)をスペックアップ(今さらながら) [パソコン]

 K妻が使っているMacBookPro(mid 2012)ですが、最近やけに遅く感じているようで、買い換えも考えている様子。ただ、最新OS(High Sierra)だと使っているアプリの動作保証がなく、また最近のMacにはCDドライブもないので、二の足を踏んでいます。それなら、HDをSSDに、メモリ8GBを16GBにしたら? と提案をしたら「OK」ということで、やってあげる(上からのもの言い…)ことにしました。
 さっそく、SSD、メモリ、必要なドライバー2種をアマゾンで調達。こんなとき通販は本当に便利です。合計32,000円ほどでした。


2017101901.jpg
写真はSSDとメモリ。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 

ORICOのUSB3.0対応HDDスタンド [パソコン]

 先週まで仕事が詰まっていたわけですが、当然その間はデータのバックアップを頻繁に取ります。使っているパソコンがMacなのでTimaMcineを使えば簡単です。…と、それはいいのですが、今回、バックアップに使っているハードディスクの容量が不足し、仕事の途中でバックアップが取れない状況になってしまいました。
 バックアップ用のハードディスクはHDDスタンド(クレードル)を使っていて、それに1TBのハードディスクをセットしています。その容量不足です。以前にバックアップされたデータを消去して1TBを空にしても、やはり容量が足りません。しかたがないので、別々のハードディスクに細切れにデータを保存してやり過ごしましたが、仕事が一段落したのでバックアップ用のハードディスクを新調することにしました。仕事が終わったといっても、まだ日の目を見たわけではないので、もうしばらくはデータ保全に留意しなければなりません。

 これまで使ってきたHDDスタンドはIEEE1394b対応のものです。インターフェースの規格が古いのは仕方ないのですが、ネックはハードディスク容量の上限が1TBまでということ。つまり、ハードディスクだけでなくHDDスタンドも一緒に新調する必要がありました。

 ネットを徘徊し、といってもほとんどAmazonですが、検索を繰り返しました。当初は日本のメーカーの製品を当たっていましたが、レビューを見るとどうもいまひとつな印象。そのレビューをたどっていって見つけたのが、この製品でした。

2017080601.jpg
ORICO USB3.0 HDDスタンド。

 インターフェースはUSB3.0。十分です。よくわかりませんが、UASPにも対応とか。
 セットできるHDD容量の上限は、8TBとこれも十分。
 レビューも上々で、Macでも大丈夫とのこと。
 そして何より値段が安い。
 なんと2000円ちょっとです。
 もちろん、電源ケーブル、USBケーブルが付属します。
 もう即決で注文です(その後、透明モデルがあることを知ってそちらにすれば良かったと…笑)。

 先週末の金曜の夜に届いて、昨日の土曜日にセットアップ(といってもケーブルをつなぐだけ)、そしてバックアップ開始。問題なく動いています。トラブルなし。素晴らしい。
 ORICOというのは深圳のメーカーのようですが、日本のメーカーも頑張ってもらいたいですね。

続きを読む


nice!(9)  コメント(4) 

ギガビット回線になったので… [パソコン]

 先日、住んでいるマンションでネットのメンテがあり、ただのメンテだろうと思っていたら、どうやら回線速度が100メガから1ギガになったとのこと。

 iPadでのダウンロードが速いとか、動画再生がスムーズになったとか、微妙に速くなったような気はするので、回線のスピードテストをしてみました。
 普段使っている機器は、デスクトップPC(MacPro 2012)が有線、ノートPC(MacBook Pro 2015)が無線(11ac)、タブレット(iPad mini 2)が無線(おそくら11n)でそれぞれ接続しています。
 有線のルーターはもちろんギガビット対応。
 無線LANのアクセスポイント(WG1400HP、5GHzのみ使用)の11acでの理論転送値は867Mbps、11nの場合は300Mbpsという仕様です。

 テストは複数のサイトで行いましたが、PCで計測でき、またiOSのアプリも用意されているSppedtest.netでの結果を掲載します。

 なお、マンションのネット環境はベストエフォート。
 なので、何回か計測してより速い結果を採用しました。

●デスクトップPC(MacPro 2012)/有線LAN

2016110801.jpg
下りが729Mbps、上りがその半分くらい。
けっこう出ています。
これはチャンピオンデータですが、それでもコンスタントに500Mbps前後はいくようです。



続きを読む


PCのオーディオ出力にノイズが乗るのでDACにしてみた… [パソコン]

 タイトル通りです。
 普段の音楽鑑賞は、Macのアナログ出力(MacPro背面のミニジャック)につないだタイムドメインminiが鳴らす音です。素直な音が出る(と思っている)タイムドメインは気に入っているのですが、最近ガリが出るので、ばらして接点復活剤をプシューっと。
 それでガリは直ったのですが、どうも音にノイズが乗るというか、ところどころで割れるのが直りません。いろんなノイズを発生するパーツを積んだパソコンはノイズの宝庫と言われます。ただ、Macの場合、そういったノイズ対策がなされているようで、気にしたことがありませんでした。
 最近、ちゃんと音楽を聴いていなかったというのもあるのですが、また聴き出したらノイズや音割れが気になって仕方ありません。チープな自分の耳でも分かるほどです。Macにつながっている周辺機器を最低限のもの以外全部外し、SMCをリセットしてはみたのですが、改善されませんでした。

 それならと。
 デジタル出力してアナログ変換を外部で行えばいいんじゃないか。
 DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)というやつですね。調べてみると1,000円程度の安いものから10万円くらいのものまでたくさんあります。圧縮した音楽ファイルがソースなので、高価なものではなくそこそこの音が鳴ればいいです。そして、光デジタルに対応し、ヘッドフォンジャックが付いているものを探すと、アマゾンに約4,000円と手頃な製品がありました。メーカーはTendak。始めて聞きましたが、悪いレビューもなさそうです。光オーディオケーブルと一緒にポチ。


2016102701.jpg
TendakのDAC。
MacProの背面にある光デジタル出力端子とつなぎ、DAC前面のステレオミニジャックにタイムドメインをつないでいます。電源はUSBで供給。


続きを読む


長時間のOSアップデートが終わった [パソコン]

 2台のMacと1台のWindowsを使っています。
 MacはYosemite、Winは7を使っていたのですが、自分が使うアプリケーションが最新OSに対応したし、Windowsは無料でアップデートできる締め切りが近づいてきたしで、一気にOSをアップデートすることにしました。先日、中断した作業の続きです。

 まずはMac。2015年製のMacBookProは何事もなくアップデート終了。2012年製のMacProは、クリーンインストールしたので、少し手間取ったものの何とか終了。

20160502501.jpg
EL Capitan。
EL CapitanはSplite Viewが便利そうです。


続きを読む


OSをアップデート [パソコン]

 遅ればせながら、なのですが、
 MacのOSをEl Capitanに、Windows7は10にアップデートすることにしました。

 手間がかかりそうなので避けていたのですが、時間ができたのでトライ…。
 情報収集から始まって,アップデートに取りかかりますが、それなりに時間がかかります。

20160502201.jpg

 そうこうしているうちに夕暮れ…。
 翌日以降に持ち越し。

前の10件 | - パソコン ブログトップ